• 求人媒体は欲しい人材で選ぶのがオススメ

    会社やお店で人が足りない、優秀な人材が欲しいというときに掲載する求人媒体を悩むことが多くあります。


    求人媒体は、発行部数や掲載の大きさ、影響力などにより金額も色々あります。
    会社やお店において働く人はお金を稼いでくれる重要なポジションに位置するので、雇用主が希望するような人材が来てくれるような媒体を選びたいというのは誰もが考えていることです。

    しかし中には、重要な人材を募集する求人媒体を価格だけで選んでしまうような企業も多くあります。コストを抑えたいという気持ちは分かりますが、これでは優秀な人材確保が来る確率はとても低いです。

    求人媒体について考えます。

    求人媒体にはそれぞれターゲットがあります。短い時間、期間に一時的に働きたいと考えるアルバイトを中心とした媒体、しっかりと長期でスキルアップも兼ね働きたいという正社員を中心とした媒体など様々です。ターゲットが違うのに掲載しても、雇用主が希望する人材はなかなか来ません。



    掲載料が安いと思っても、反対に見つからず、ずっと募集することになってしまえば、逆に経費の無駄遣いとなる場合もあります。
    正社員が欲しいのに、アルバイトが中心の媒体に掲載しても、その媒体を見る人もアルバイトを探している人がほとんどであるため、応募する確率はとても低いです。

    それぞれの企業で欲しい人材、雇用スタイルをまとめた上で、どの媒体に載せるのが良いのか検証するとともに、専門業者に相談することもおすすめです。